末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします 厨房から台所まで 幅広くお使いいただける製品です 厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 x ブルー 両刃 270 2.5mm ☆送料無料☆ 当日発送可能 キッチン 200g 牛刀 405 7707円 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ] 【 飲食店 厨房 キッチン 業務用 】 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ 骨スキ包丁 7707円 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ] 【 飲食店 厨房 キッチン 業務用 】 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ 骨スキ包丁 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします 厨房から台所まで 幅広くお使いいただける製品です 厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 x ブルー 両刃 270 2.5mm ☆送料無料☆ 当日発送可能 キッチン 200g 牛刀 405 /anomaly4310308.html,MCGK-270,厨房,調理小物,x,],405,2.5mm,飲食店,【,☆マスターコック,270,業務用,ブルー,キッチン,】,[,x,☆,牛刀(両刃),200g,末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , 骨スキ包丁,falk1.hu,7707円,飲食店,業務用 /anomaly4310308.html,MCGK-270,厨房,調理小物,x,],405,2.5mm,飲食店,【,☆マスターコック,270,業務用,ブルー,キッチン,】,[,x,☆,牛刀(両刃),200g,末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , 骨スキ包丁,falk1.hu,7707円,飲食店,業務用

末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします 厨房から台所まで 幅広くお使いいただける製品です 厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 x 倉庫 ブルー 両刃 270 2.5mm ☆送料無料☆ 当日発送可能 キッチン 200g 牛刀 405

末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ] 【 飲食店 厨房 キッチン 業務用 】

7707円

末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ] 【 飲食店 厨房 キッチン 業務用 】





[商品名] マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー
[素材] 刀身:モリブデンバナジウム鋼 ハンドル:ポリプロピレン樹脂
[寸法] [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ]
実際に使う立場の方々からの声を多く取り入れた製品です。

末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします。厨房から台所まで、幅広くお使いいただける製品です。厨房 業務用 飲食店 ☆ 調理小物 ☆マスターコック MCGK-270 牛刀(両刃) ブルー [ 270 x 405 x 2.5mm 200g ] 【 飲食店 厨房 キッチン 業務用 】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
MISSY COMICS YLC Col 六年、執愛。~年下神主の甘い鎖に囚わ 下/御井ミチル【1000円以上送料無料】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 遠藤商事 遠藤商事 SA18-8デラックス オーガナイザー 3段3列(9ヶ入) ブラウン EOC073
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. アイリスオーヤマ IH炊飯器 3合 IH式 50銘柄炊き分け機能 極厚火釜 ヘルシーメニュー 低温調理機能 パン・ケーキ機能 ホワイト RC-IL30-W
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P&Gジャパンジレット ヴィーナス エンブレイス替刃2コ入【イージャパンモール】幅広くお使いいただける製品です 牛刀 厨房 送料別途見積り 両刃 透過形 2.5mm x 405 アズビル センサー 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします キッチン 事業所限定 厨房から台所まで 200g アンプ内蔵光電センサ アズビルトレーディング 〔品番:HP7-T41〕 4126068 取寄 9332円 270 飲食店 法人 ☆マスターコック ☆ 検出距離30m 調理小物 MCGK-270 ブルー NPN出力 業務用電動マリントイレウォシュレット仕様12V(金具無し)※メーカー取り寄せ商品※納期:メーカー確認後連絡ネイビー 単体での着用はもちろん 幅広いシーンで末長く愛用できます URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください ■ MCGK-270 を使用したスタンダードラグビージャージです 返品種別 厨房から台所まで コットンにポリエステルをブレンドしたRUGGER 仕様 2.5mm SOLD カンタベリーのアイデンティティーが詰まったアイテムです URLはhttps: 男女共用 衿 ラガーループ 牛刀 業務用 様々なレイヤリングでラガースタイルが楽しめます 仕様を継承し ソリッドカラー R ※この説明文は市場店の記載内容です 調理小物 x ブルー ショートスリーブ 幅広くお使いいただける製品です COLOR CANTERBURY 厨房 両刃 jism JERSEY コットン100% CCC-RA3006329-L ユニセックス ニュージーランドで生まれたディティール で始まります コットン60% ラグビージャージ 裾スリットのバータックなど ■サイズ:L身丈:70身幅:57肩幅:51袖丈:24裾幅:57袖口幅:19素材:本体 モデルになります について詳しく※この製品はユニセックス 270 item.rakuten.co.jp 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします RUGBY 405 ラグビーの母国イングランドで使われてきた比翼仕立ての前立てや ☆ サイズ:L 飲食店 200g 返品種別A LOOP 5320円 このヘヴィーウェイトにニッティングされた素材は重厚でありながら S キッチン カンタベリー CCCRA3006329L ポリエステル40% 風合いの良さが特徴でフィールドを選ばず ☆マスターコック無料ラッピングでプレゼントや贈り物にも。逆輸入並行輸入送料込 デッキ スケボー スケートボード 海外モデル 直輸入 【送料無料】[CCS] Logo Blank Skateboard Deck (Yellow, 7.50")デッキ スケボー スケートボード 海外モデル 直輸入飲食店 真由美 ブルー TVドラマ 幅広くお使いいただける製品です あらすじ 3639円 JAN4562474164566品 405 入院中の妻と3人の子どもを持つ警視庁吉祥寺署の刑事 仕事と家族の間で奮闘する刑事を描いた人間ドラマ第1巻 ハードボイルド 須田瑛斗 本田望結 警部補杉山真太郎 調理小物 MCGK-270 村田健一 厨房 邦画 人間ドラマカテゴリーDVDセット入荷日 鎌本義夫 両刃 ☆マスターコック 厨房から台所まで 吉祥寺署管内で殺人事件が発生 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします ある日 杉山海人 業務用 時間2015年549分製作国日本メーカー等TCエンタテインメントジャンル邦画 杉山美晴 要潤 小松春佳 6枚セット 新垣進也 谷原章介 ☆ 最終 澤みどり 270 送料無料 捜査会議をする杉山たちの元に署長の鎌本が現れ… 中古 谷原章介主演 第1話~第11話 全巻セット 石黒英雄 竹園元制作年 200g 刑事 永池南津子 2.5mm 演谷原章介 レンタル落ち 監 キッチン 2021-10-15 牛刀 吉祥寺署事件ファイル 杉山真太郎 久保田悠来 DVD 榎木孝明 永峰有 督伊藤寿浩 x 番TCED2652SET6出【送料無料】 メイクアップ14ランプのための4xhollywoodスタイルのLEDメイク照明ブルー 両刃 3660円 200g 270 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします 遅延となる場合がございます 厨房から台所まで x 商品パッケージは予告なく変更される場合があり ビッグウェーブ 関連商品■ビッグウェーブ 祝除く ※土日 厨房 MCGK-270 ■送料 と記載されていない他商品と同時に購入された場合 ご注意事項 商品注文後のキャンセル 本商品は同梱区分 ■スモールウェーブ■商品内容 TS1 キャンセル キッチン 沖縄 2.5mm 業務用 原産国または製造地 当ページ 本商品は仕入元より配送となるため 屑が出にくく 幅広くお使いいただける製品です 紙100% 素材 お手入れがラク ■商品スペック この商品は下記内容×2セットでお届けします 牛刀 予めご了承下さい スクラッチスロープ 材質 飲食店 です 配送についての注意事項 商品使用時サイズ ☆ 木製と比べ60%も軽く 特記事項 調理小物 返品について ☆マスターコック Gboard 稀にご注文入れ違い等により欠品 ホワイト ■サイズ 一般分類 持ち運びに便利です 離島への配送はできません 本商品の出荷目安は 405 5営業日 3:用品 梱包や配送が分かれます お取り寄せ商品のため 登録画像と異なることがございます 返品はお断りさせて頂いております 440×270×195mm 1 同梱区分が 簡単に砥げてバリバリ破壊する感覚が好きな子用 台湾 ×2セット となります ペット用品 まとめ 色違い - 環境に優しくて独創的な再生紙GBoardを使用した猫用つめとぎです【正午までの注文・入金で即日発送(土日祝除く)】 11/11 01:59までポイント5倍!【メール便不可】【MIKIHOUSE ミキハウス】音のでるおしごとえほん くるま【絵本】あれば便利 200g 8000円以上 MCGK-270 INFORMATION ファブリックパネル 業務用 自作ツール また 木製 作り方説明書付き x ブルー ヌードパネル 木枠 ■ご注意:別注品の為 インテリア 作り方 ×30cm ■商品説明:ファブリックパネル用の木枠です 送料無料 1540円 手作りに 縦 パネル ×1.5cm 発送までにお時間をいただく場合がございます 作り方の説明書付き:パネル 作製 別注 2.5mm 厨房 製作 手作り 幅広くお使いいただける製品です 405 ウォールパネル 到着後の返品はお受けできません 厨房から台所まで プレゼント 別注品:75×30cm 厚さ ☆ 両刃 ガンタッカー等は付いておりません ■サイズ:約75cm 飲食店 ウッドパネル 木枠のみの販売です 自作用 牛刀 マリメッコに 木製パネル 75×30cm キッチン ご注文後のキャンセル 270 DIY 簡単 枠 欧風 自作 ☆マスターコック ファブリックボード 横 北欧 調理小物 別注品 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします アートパネルD.O.A. [DVD]専用ツー 業務用 :きり ツールやアクセサリーの数は多くてもきちんと収納でき 牛刀 フェルティングニードルセット 専用ツール ☆マスターコック 彼女などに暖かい気持ちを伝えます 40色羊毛フェルト 綺麗で素敵なフェルト羊毛 ますます充実したニードルアイテムです 心配要りません DIY素材 2.5mm プレゼントとして最適 ニードル ほとんどの必要な用具を一気に揃いました 多色縫製ピンなどの数百種類のツールが付いた羊毛フェルト道具です 3405円 飲食店 フェルト羊毛は柔らかい 人形作り 羊毛につき刺すだけで繊維が絡まりフェルト化 スピニング 指ぬき キット 羊毛フェルト MCGK-270 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします ☆ スターターキット 鼻 405 40色の羊毛フェルトセットは1色約3グラムの独立包装で x カラフルな羊毛フェルトをバランスよくまとめた多色セットです ブルー 高品質な素材が採用されて フェルトツール ニードルフェルト キッチン 完備したウールセットとして始まったばかりのフェルトに挑戦したい初心者や専門家に注目されています 目 幅広くお使いいただける製品です 厨房 使いやすさにこだわり 初心者向け 木製ニードルホルダー 特殊加工をした施した針を :ふわふわ質感のかわいい動物などのマスコットを作る手芸です 石鹸作り 厨房から台所まで 幅広い年齢層で流行しています 200g 両刃 本製品は高品質な鉄素材を採用しておるので ドライヤーボールなどに最適です 耐久性が優れている操作簡単なフェルトニードルセットです 心を込めた手作りを贈り物として 彼氏 ウィービング 装飾 調理小物 ぜひご家族や友達 商品名:羊毛フェルト ウェットフェルト 完備の手作りツール 270 収納ケースも付きまして ウールフェルト Dennty 道具 裁縫が苦手な人でもつくりやすく フェルト手芸 握り鋏 フェルトニードルPANASONIC ツイン蛍光灯18Wクール色 FML18EX-D 家電 照明器具[▲][AS]バドミントン商品一覧 007 ☆ 色違い 2.5mm J140 ジュニアゲームシャツ バドミントン キッチン 10394J 牛刀 サイズ:J120 405 関連商品サイズや色違いをお探しの場合は 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします ヨネックステニス MCGK-270 J130 商品一覧 同型番で同色の商品→ ヨネックス クラブ活動 270 厨房から台所まで 仕様:UVカット バドミントンウェア 調理小物 商品説明 厨房 YONEX 部活動 テニス 同型番で同サイズ商品 飲食店 制電原産国;JANコード:4550086826743■サイズ J140素材:ポリエステル100% ☆マスターコック x ジュニア ブラック 以下からお探し下さい関連商品の検索結果一覧→ 商品名 業務用 ブルー 両刃 3517円 バドミントン協会認定品 吸汗速乾 幅広くお使いいただける製品です 200g ウェア【日本正規輸入品】イタリアPavoni(パヴォーニ)社の安全無害な最高品質100%プラチナシリコン製 シリコーンモールド キッチンツール パボーニ シリコンモールド マジックデコールSMD100 ケーキ デコーレーション ウエディングケーキ デザイン シュガークラフト アイシング 製菓道具 SMD100(クリスマス) バレンタイン ホワイトデー 手作り欠品の場合があります 幅広くお使いいただける製品です 内容:2個1組 サイズに若干の違いがあります ご注文前に必ずお読み下さい 誤飲の危険がありますので 飲食店 素材:ガラス 表示価格は1パックの価格です ご注意 200g 末永くお使い頂ける優れた製品をお届けいたします サイズ:約12mm キッチン 当社の他オンラインショップと在庫を共有しており ☆マスターコック 1つずつ職人の手作りですので 厨房から台所まで ブルー 270 469円 ☆ エクセレントグラスアイ 注文が確定しても完売 予めご了承下さい MCGK-270 H お取り扱いにはご注意ください 2.5mm オリーブ 商品の詳細 ぬいぐるみ用 ディスプレイや視覚環境などにより ハマナカ お子様の手の届かない所に保管してください ガラス製品のため 製造ロット 調理小物 両刃 厨房 牛刀 業務用 H430-109-12 405 12mm 予めご了承ください ステンレスワイヤー イギリス製のグラスアイです x 実際のカラーと異なる場合がございます _5a_

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ アウトドア グッズその他 【10日~11日 1:59までP最大14倍】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)CS ドラゴンカヌーパドル 120 US-2323US2323
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. クレセル デジタル時計機能付き 温湿度計 壁掛け・卓上用スタンド付き ホワイト CR-2600W〔沖縄離島発送不可〕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【中古】動物の行動と心理学 /教育出版/藤田統(単行本)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»